吹奏楽部での思い出

本文

 部活はかなりきつかった!そういう思い出が自分にあります。とても苦しい思い出やそれを達成した思い出が、私には残っています。

 音を出すのはとても難しく、やっぱりセンスがないとできないのかと思いました。私がいた吹奏楽部の人たちは、みんな優秀でかなりの猛者が多かったためです。自分の能力を発揮する部活は人によって色々あると思いますが、私はやっぱり体育会系の部活よりも吹奏楽部で良かったと思っています。

 男の子も結構いました。私見ですが、好青年が多かったです。私自身トランペットを引いていた男の子に好意を持ったこともあります。そういったことも、私を成長させてくれたんじゃないかなと感じます。

 コンクールでは入賞すらできなかったのですが、私の人生においてとても有意義な時間だったことは間違いありません。

 以上です(笑)

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました