パーカッションのパートを選択した理由

本文

 吹奏楽部ではパーカッションを担当していました。なぜパーカスにしたのかと言うと、理由は色々あります。まず、見学の時に色々な楽器を触らせて体験させてもらったのですが、肺活量のない私はほとんどの楽器が出来ませんでした。サックスとか格好良いですが音を出すのがやっとです。そうなると、私の選択肢はパーカッションしか残っていなかったのです。

 でも、肺活量が人並みにあったとしてもパーカスを選んでいたことは変わらなかったと思います。ドラムが好きですし、楽譜を読むことが出来なかったのでパーカッションならばやりやすいという安易な考えです。

 そして決定的だったのは、先輩が面白かったということです。見学の時にそれぞれのパートの先輩方が、パートについての紹介をしていたのですが、パーカッションをしていた先輩にユニークな方がいたのです。

 事情があって私が活動していた期間は短かったのですが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました