同じパートの先輩に恋をしていました

本文

 中学校生活は私にとっては苦痛なものでした。親友だと思っていた子から無視といういじめに遭い毎日辛い生活を送っていましたが、吹奏楽の部活の時だけは私にとって楽しい時間でした。いじめっ子も同じ部活ではあったものの、パートは違いました。

 私は3年生のパートの先輩たちのことが大好き過ぎて、その先輩に会う為に頑張って学校に通っていたようなものでした。先輩たちも私のことを凄く可愛がってくれているのを分かりました。1年生は私以外に2人いたのですが、「●●ちゃんだけには入って欲しいと思ってたの」と言われたことは今でも忘れることは出来ません。

先輩の1人がとても優しくて好きでした。見ているだけでとても幸せな気分になりました。結局思いを伝えることはなかったのですが、とてもいい思い出です。吹奏楽の大会のビデオを見ていたときには、先輩のことを目で追っていたりしました(笑)今振り返ってみると、若かったなって感じがします。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました