吹奏楽部あるあるを4つ紹介します

本文

 わたしは中学入学と共に吹奏楽部に入部。吹奏楽部あるあるを紹介します。

 あるある①は、女子が男子の10倍以上いる。わたしの学校は、男子3人に対して、女子はなんと30人でした。大きな音楽室が女子の着替え部屋になり、たった3人の男子は音楽準備室という小さな部屋でこじんまりと着替えていました。

 あるある②。毎日の筋トレ。吹奏楽部は肺活量が大事なので、毎日のようにランニングや腹筋をやっていました。わたしは打楽器だったので腕立て伏せもやっていました。なので、文化系の部活なのにも関わらず、体操服でした。

 あるある③は、膨大な練習量。わたしの中学は、運動部も盛んでサッカー部や陸上部も遅くまで練習していました。しかし、それに負けじと夜遅くまで練習していたのが吹奏楽部。サッカー部の友達に、「うちらより遅くまで練習していてすごい!」と言われてことをいまでも覚えています。

 あるある④は、友とのキズナは一生ものということです。吹奏楽部は土日のイベントも多く、家族といる時間よりも長いと言っても過言ではありません。当然キズナは深くなりますし中学生の仲間とはいまでも飲み友達です。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました