バスクラ奏者はソロを吹くのが難しい

本文

 私は高校2年からバスクラを始めました。高校の初めの1年間はB♭クラリネットを吹いていましたが、バスクラを担当していた先輩の引退後にバスクラのパートを引き継ぎました。

 私がバスクラを選択した理由は、その音に強い魅力を感じていたからで、吹奏楽から離れた現在でもバスクラの音を耳にするだけでワクワクします。

 バスクラ奏者として唯一不満だったのは、ソロパートがほとんどないということ。高校から大学までの長い吹奏楽生活でバスクラでのソロを担当することは一度もありませんでした。大学院に進んで忙しくなり、吹奏楽部としての活動が難しくなっていた私が最後に吹いた楽器は、意外なことにアルトクラリネットでした。

 アルトクラ担当で吹いた音楽は「コラールと舞曲」で、こちらはソロパートがたくさんありましたが、バスクラとして低音で支えることをずっとやってきた私はソロが非常に下手になっていたことに気づきました。

 バスクラは、吹奏楽部にいる間はBASSパートとして音楽を支えることが主な役目となりますが、オーケストラでは立派なソロ楽器です。ソロが上手に吹けるように練習しておかなかったことは、今でも名残惜しく思っています。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました