めちゃくちゃ体育会系

本文

 中学生時代に私が所属していた吹奏楽部では長時間安定した音量で楽器を吹くために、体力作りが推奨されていました。腹筋、背筋に毎日取り組み、なぜかランニングをやらされることもありました。楽器を演奏できるようになりたいとの思いで吹奏楽部に入部しましたが、楽器に触れる時間よりも肉体を鍛える時間のほうが長いくらいでした。

 私は運動が得意ではなく、文化系の人間のため、トレーニングについていくのが辛いなと感じました。また、顧問の先生の指導法も体育会系的で、何度も演奏に失敗する生徒を厳しく怒鳴りつけたり、叩いたりという行動が見受けられ、萎縮してしまいました。中学校3年間はなんとか耐えましたが、なんとなく吹奏楽部がトラウマになってしまい、高校以降は吹奏楽部に触れていません。顧問の先生の指導や体力トレーニングだけではなく、楽器演奏の自主練もそれほど楽しめなかったので楽器は自分には向いていなかったな、という気もしています。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました