私の青春は中学時代の吹奏楽部

本文

 元々音楽が好きで、中学に入ったら吹奏楽と決めていました。女の子らしいフルートに憧れていたのでフルートを志願しましたが、フルート、クラリネット、サックスは人気でやりたい人が多く、結局じゃんけんで負けて、最終的にホルンになりました。

 正直ホルンて何?どうやって音出すの?とそんな段階から始めたので、音を出すのにもだいぶ苦労しました。毎日毎日練習を繰り返しているうちに、段々きれいな音がでるようになると、ホルンの魅力にはまっていきました。ホルンがメインで吹く曲はあまりないですが、縁の下の力持ちとして欠かせない楽器なんだと感じ、練習が楽しくて仕方なくなりました。

 吹奏楽は、文系の部活ですが楽器をふくためには相当な体力が必要なため、マラソン、腹筋など運動部並みに動くのには、運動が苦手な私「こんなつもりじゃなかった」と心が折れそうなこともありました。それでも頑張ってコンクールに出たときは、賞を取れても取れなくても悔しさ、嬉しさで毎年泣いていたのを覚えています。

 吹奏楽は、絶対に一人では出来ません。みんなで同じ目標に向かって頑張れた3年間は、私にとって色々学ばせてもらった大切な青春です。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました