やりがいのある部活動

本文

 私は高校生の時にホルンを担当していました。

 最初に楽器を選ぶ時に中学からずっと吹奏楽部の子は自動的に経験していた楽器になったので、私は選べる楽器が少なかったのです。ホルンを選んだ理由は、単純にカタツムリみたいな見た目の可愛らしさです。今まで吹く楽器と言えばリコーダーやピアニカしかしたことがなかったのですが、簡単に吹けるものだとずっと思っていました。

 しかし、ホルンはマウスピースを使うので音が簡単に出ず出せるようになるまでとても大変でした。ホルン担当の中で初心者は私だけだったので、先輩や同級生に丁寧に教えてもらえる環境がありがたかったです。

 吹奏楽部はパートごとに練習をすることが多いので、パートのメンバーは仲間意識ができて仲良くなっていきます。全部の楽器で演奏をすると素晴らしい音楽ができ上がるのですが、これは一人一人が自身のパートをしっかりと吹くことで出来上がっていくので責任があります。

 やりがいのある楽しい部活でした。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました