ピッコロは暇すぎる!

本文

 私は小学校から高校まで吹奏楽部でフルート、ピッコロを担当していたのですが、フルートパートはとにかく影が薄いのです。他の楽器とみんなで合わせる練習をしても、なかなか音が目立たない楽器なので指導者に注意を受けることが少ないのでとにかく暇なのです。

 そしてその吹奏楽で使われる楽器の中で1番暇であろうと断言できるのがピッコロです。ピッコロというのはフルートよりも小さく、高い音が出せる楽器なのですがこれがまあ曲の中で出番がとても少ないのです。出番があってもなかなかソロで吹くことはなくみんなの音に埋もれてしまいます。となると、みんなで曲を合わせる練習をするときには単体で指導されることがほぼ無いに等しいのでピッコロは眠気との戦いになります。

 トランペットやトロンボーンなど花形楽器はよくフレーズを抜き出してそこだけ演奏して指導を受けるのですが、その間寝てしまいそうになります。寝ないことを目標に合奏練習に参加していました。何回も指導を受けられる花形楽器を羨ましく思う日々でした。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました