ホルンのマウスピースと私

本文

中学生のころ、吹奏楽部でホルンを担当していました。ずっとピアノを習っていたので楽譜を読むのは難しくなかったのですが、主旋律の少ないホルンは演奏するのが難しかったです。でも、難しい楽器に挑戦するのが楽しく、絶対上手になりたいという気持ちで練習していました。
マウスピースを唇に当てる感覚が好きでした。楽器によってマウスピースの大きさや厚みが異なります。ホルンの大きさや厚みが唇にしっくりときました。練習のし過ぎで唇が腫れても、全く気になりませんでした。どうしたら先輩みたいに上手になれるのか、唇での音の調節に苦労しました。
パートの練習は、学校の廊下で行っていました。楽器ごとに分かれて廊下に並びます。今考えると、他の部活の人はうるさかっただろうなと思います。当時は練習が楽しく、必死だったので廊下でのパート練習が私の大切な時間でした。
ピアノは一人で演奏しますが、吹奏楽は部員全員で音楽を作り上げていきます。一体感を感じられるところが吹奏楽の魅力です。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました