意外にきつい?吹奏楽部は文化部じゃない!

本文

 吹奏楽部って、文化部の代表と思われがちですよね?

 実は結構運動するんです!というのも、吹奏楽部は肺活量と持久力が必要で、楽器によっては腕の力も必要になります。そのため、文化部ですが普段から腹筋や腕立て伏せ、長距離走などを練習メニューとしてさせられていました。

 私は小学校の頃から楽器をやっていたので違和感なく運動メニューをこなしましたが、中学から楽器を始める子は「なぜ吹奏楽なのに運動が必要なの?」「運動しなくてもいいと思ったから吹奏楽部に入ったのに!」という子が多かったです。確かに、運動部から見ると椅子に座って演奏してるだけですもんね。楽に見えると思います。

 でも、アップテンポの曲や、はっきりした音を出すには体力と肺活量が必要なんです。 楽に見えるかもしれませんが、運動メニューをこなしてから合奏練習だったので、終わる頃にはいつもヘトヘトだったのを覚えています。もちろん、運動部よりも終わる時間が遅く、大会前は一番最後まで練習していました。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました