吹奏楽部で出会った柄付きカスタネットに苦戦した思い出

本文

 高校の吹奏楽部でコンクールに出場することになりましたが、パーカッションパートの人数が足りず、課題曲の演奏がままならない状況でした。あと1人入部すればコンクールで演奏できるから、人数合わせのために入部してくれないかと懇願されたのが帰宅部の私です。

 担当楽器はカスタネットとタンブリンだから吹奏楽経験が無くても問題ないと言われ、安心して入部を決めました。吹奏楽部入部初日、同じパーカッションパートの人から渡された楽器を見て驚きました。カスタネットに長い柄が付いていたのです。私の中でカスタネットと言えば手のひらサイズで、片手で叩くだけのイメージしかなかったので衝撃でしたし、演奏の仕方がわからず戸惑ってしまいました。他の部員が膝より少し上の辺りで2本のカスタネットを交互に動かして演奏すると教えてくれましたが、力が弱すぎると音は鳴らないし、入れ過ぎるとただうるさいだけになってしまう力加減が難しい楽器だったのです。

 結局、1週間頑張って練習しても上達できずコンクールに間に合わないため、フラッパーカスタネットの担当から外れタンブリンだけ極めることになりました。苦戦しましたが無事終わり、良い経験になりました。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました