金管楽器をやっていると木管楽器に憧れる

本文

 吹奏楽部を経験していると、金管楽器担当者は木管楽器に憧れるケースが多々あると思います。
たとえば、金管楽器はマウスピースを使って音程の調整を行う楽器で、楽器のタイプにもよりますが音程を変えるピストンが少ない楽器が多いです。

 特に、トランペットやホルンなどの高音が出せるタイプの楽器はマウスピースが小さく、音程の調整が難しいです。そのため、高音が出せる演奏者は神のように崇められ、重宝されます(パートも一番の花形のファーストを任されるケースが多いです)

 木管楽器は音程の変化については、そこまで難しさはないので金管をやっていて、ハイトーンが多い曲をやる時は、「木管だったらなぁ」と憧れたりします。他にも、ハードな演奏をし続けていると、唇がパンパンになり麻痺してきます。これは、楽器を演奏する際に力が入っていて唇によくない吹き方になっているのですが、唇のコンディションによって楽器の演奏の良しあしが決まります。その辺も木管の楽器に憧れるポイントです。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました