眠気との戦いピッコロ

本文

 私は小学生のときからフルートをやっていたのですが、高校生の時の吹奏楽部に入った時からピッコロをやることになりました。ピッコロは小さいのでフルートとはまた違う難しさがあり、特に高い音なので、キーンという耳障りな音にならないよう高い音がやわらかい、綺麗な音で出せるようたくさん練習を重ねました。

 曲の盛り上がる部分でピッコロは高い音で迫力を出すのにとても必要な楽器ですが…正直に言ってしまえばその他はあまり吹きごたえが無い楽器です。出番が他の楽器に比べてかなり少ないのも特徴です。なのでみんなで曲を合わせるとなった時に、花形楽器のトランペット、トロンボーン、その他の楽器に比べて顧問の先生の指導を受けるのが極端に少ないのです。

 となるとどうなるかと言うと、みんなでの合奏指導のときはかなり暇なので眠くなります。ウトウトしてしまう事もしばしばありました。綺麗な落ち着いたメロディーにはほぼピッコロは登場してこないので、いいなあと思いながらも欠伸をしていたのを覚えています。ピッコロはやりがいがあるのかないのかよく分からない楽器でした。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました