パートリーダーとしての責任

本文

 私は中学生の頃、ホルンを担当していました。

3年生が卒業して、パートリーダーになりました。この頃、ピアノは10年続けていて思うように演奏できたのですが、ホルンはピアノのように思うようにいかず、毎日悩んでいました。

パートリーダーとして自信がなかったものの、友達にも誰にも相談できずに笑顔を作って毎日必死に練習していました。

 4月になり、1年生が入ってきて楽しそうに練習している姿を見て、もっとホルンを楽しまなきゃと気が付きました。

ホルンが好きだったことを思い出し、またホルンの演奏を楽しめるようになりました。コンクールではソロもあって緊張しましたが、楽しく乗り越えることができました。

 吹奏楽は、周りの人がいるからこそ音楽を楽しめ、頑張る力をもらえることに気が付きました。ピアノは自分一人なので、吹奏楽での大勢の良さや音楽の楽しさを実感できる良い機会でした。部活は楽しく終えることがき、私の良い思い出になっています。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました