吹奏楽部は意外に運動がハード

本文

 中学時代に吹奏楽部でクラリネットをしていました。

 部活を決める体験時には吹奏楽部の音楽を間近に体感して一体感ある素晴らしい音響と楽しそうに楽器を奏でる先輩たちに魅了され感動し迷わず入部したのを覚えています。

 入部をしてまず基礎体力つくりが大事だということから学校のグラウンドを何周も走り、その後も腹筋や背筋などの筋力トレーニングをする日々が始まりました。

 私は運動部に入ってしまったのかと思うほど、部活では楽器を吹く前のトレーニングに外周と腹筋などの筋力トレーニングが組み込まれており運動が苦手だったので最初は辛かったです。

 しかし毎日のようにトレーニングをしていると慣れていくもので、以外にそれ程時間が経つ事なく体力もついていきました。クラリネットもそうですが、他の楽器に関しても全身を使い音楽を表現するので体力がなければ、最後まで思うように奏でる事が出来ないので吹奏楽部で運動部並にトレーニングをするのは理にかなっているのだと思います。

 雨の日でも体育館で走ったり大変だった思い出もありますが、そのこと含め青春でした。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました