吹奏楽は人と人とのかかわりが大事

本文

 楽器を演奏する場合、どの程度行えば満足するのかも相手と自分の感覚とでは違うことも多々あるので、指示されたとおりにするようにもしています。ですが自由に演奏できる時は自分のアドリブでアレンジも考えています。聞きやすく、不自然な音にならないようにも気を付けるようにしています。弾く側としてはこちらから書いたものにクレームをつけないお客さんがありがたいですが、多少クレームがあってもしっかりと聞いてくれるお客さんほどありがたいです。喜んでくれるお客さんはまた聞いて欲しいです。

 また、要求をはっきりと伝えてくれるお客さんほどこちらも具体的な仕上がりがわかりやすいのでやりやすいです。部活での吹奏楽はこちらから要求は出せないことも多いですが、人と人とのかかわりには違いないので、傷つかないように指摘をしたり、配慮をしてほしいです。

 そして吹奏楽はインドアな行動が好きな人でないと続かないと思います。また、ずっと同じ姿勢で入力するので体を壊しやすいので、意外と自分の体のメンテナンスが必要です。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました