トランペットでソロを担当

本文

高校の時、吹奏楽部に所属していました。
楽器はトランペットです。

ピアノを習っていていたため譜面は読めたのですが、中学からやっている子と比べるとなかなかうまく音が出ずに必死に練習しました。

トランペットはたまにソロがあったりして、First担当の先輩が吹いていました。
明るいメロディーを堂々と吹く姿に憧れましたが、私は小心者で目立つのも好きではなかったのでThirdパートで下からハーモニーを支えるのが好きでした。

後輩が入ってくるとThirdパートばかりを吹いている訳にもいかず、とうとう私もFirstパートでソロを吹くことに!
それから必死で自主練習しました。

合奏練習の時からドキドキで、入るタイミング間違えてしまったりはじめの頃はさんざんで、先生からは他の人が吹いたらと終われる始末。それでも仲間に支えられ練習を繰り返し本番の発表ではミスなく成功させることができました。

あのときの曲やメロディーは一生忘れないです。その時に支えてくれた仲間にも感謝してます。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました