楽しかった吹奏楽の思い出

本文

中学の3年間吹奏楽部でした。
私はフルートパートでした。

最初は優雅な雰囲気に憧れていましたが、実際吹いてみるとなかなか音が出なく、大変でした。

肺活量を使うので腹筋をしたり校庭を走ったり足上げをしながら呼吸法をしたり、運動が嫌いだから吹奏楽部に入った私は少し辛かったです。

周りも運動が苦手な人が多く、吹奏楽あるあるかなと思います。

フルートは高音なので、最初楽譜をみたときはびっくりしました。
でもだんだんと分かるようになって普通の楽譜をみたときに物足りなさを感じるほどになりました。

また、フルートは木管なのにリードがないので、他の木管楽器のリード話についていけないことがありました。
フルートあるあるだと思います。

フルートはメロディが多いので吹いていて楽しかったです。

3年間の1番の思い出は最後のコンクールでソロパートがあったことです。
最初は自信がなく、たくさん練習しました。

でもコンクールで吹いたソロは1番上手く吹けた気がしました。
また合宿やクリスマスコンサートなどもとても楽しかったです。

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました